fc2ブログ

記事一覧

裏切りの影踏み20

全てを見たくない。
そして、住所を覚えたくない。

住所を見てしまったら、自分が何をしでかすか予想すらできませんでした。

もしも、七郎に対峙して、涙ながらに許しを請われたとしたら、どうだろうか。

いや、例え、土下座をされたとしても許せない。 
目の前に大金を積まれたとしても許せない。

もう、変わってしまった家族の形は帰ってこないのだ。

父のあの屈託のない大きな笑顔。
母のあの全てを忘れさせる優しい微笑み。
平穏に過ぎるはずだった私の子供時代の全て。

お金じゃない。
その全てを返してほしい。

あぁ、住所を覚えてしまったら、、、
自分が分からない。

鹿子は、握り潰したハガキをポケットに忍ばせ、なに食わぬ顔で居間に戻りました。

続きはまた明日。

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト