fc2ブログ

記事一覧

裏切りの影踏み18

鹿子が中学卒業と同時に叔父への借金返済終了。

いくら時が経っても忘れられない七郎の裏切り。

けれども、判を押した鹿男が悪いのだ。
仕方ない。
飲み込んで生きてゆくしかない。

高校1年の元旦。
鹿子は、静かに玄関を開け、郵便ポストへと手を伸ばしました。
太陽が優しく鹿子の顔を照らしていました。

今年は何枚来たかな?

ポストに落とされた年賀状をうきうきと手に取りました。

家に入るのももどかしく、玄関先で年賀状を繰りました。

目に飛び込んできた『七郎』という文字。

早鳴る鼓動。

鹿子は、ハガキを強く手で握り潰しました。

え?七郎?
あの七郎?
今頃、一体なに?

続きはまた明日。

(*・ω・)b
まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト