fc2ブログ

記事一覧

事実

仕事でした。

帰り道、山奥の細い道を女の子がお母さんの手を握って歩いていました。
あの女の子はお母さんが大好き。
お母さんも女の子が大好き。

「代わりはいないのだ。」と思いました。

幼き時から握ったその手は、大人になっても年老いてもただ1つ。

血が繋がっていてもいなくても、寒空の下感じた体温を忘れることはありません。

母のいない母は、死んだ母親ではなく、
育ててくれた祖母をいつまでも恋しく慕いました。

「会いたい。」と何度も言いました。

母を女中のようにこき使う継母と手を繋ぎ歩くことなど、
1度もなかったのでしょう。

代わりはない。
その手はただ1つ。

私にとっても母さんだけ。
誰かが私の手を優しく握ってくれたとしても、
母よりも料理が上手で、キレイで、素敵な人だとしても。

もう2度と「母さん」と呼べる人を得ることはできません。

「死んでしまったんだなぁ、、、」

世界でただ1つの温かい手。

女の子がお母さんを見上げて話しかけました。
幸せな瞬間。

私も毎日、母と語らいました。
当たり前で、うんざりするほど繰り返されたことだったけど、
本当に幸せだったんだな。

最後にもう一度、荼毘に付すその前に、
もう一度だけあの手を握れば良かった、とそんなことを思いました。

日が少し長くなりました。
散歩が暗闇の中ではなくなったので助かります。

夕飯
中華丼(賞味期限切れのフリーズドライ)
エビのワンタンスープ

おやすみなさい。

(*・ω・)b
まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます