fc2ブログ

記事一覧

今日の峠

仕事帰り。

病院のベッドに横たわり、私を見つめる母が脳裏に浮かびました。

何を思って私の顔をあんなに見つめていたのか。
今なら分かるような気がします。

「今日が最後になるかもしれないから、鹿子の顔、よく見ておこう。」
きっと、そう。

8月、花火を見上げながら母が呟いた言葉が重なります。
「今年が最後だろうから、よく見ておこう。」

だから、強く心に刻むために私を見つめていたのだと思います。

鎮静剤を入れた時の「ありがとう。」はきっと聞こえていたと思う。
息を引き取る瞬間、母の掌を握った私の手の感触も、きっと伝わったと思う。

何にもできなかった。
花嫁衣装も、孫も見せられなかった。
死ぬ間際まで心配をかけてしまった。
私の行く末を案じながら逝かせてしまった。
そんな私が出来た、ささやかな、本当に小さなことです。

後悔ばかりが募るけれど、側にいれたことだけを支えに自分を慰めています。

臨終に立ち会えなかった人は、
きっとそれまでにたくさんの喜びを与えているのです。
煩わせたくなくて、1人で逝くことを選んだのです。

私が立ち会えたのは、それしか出来ることがなかったから、
神様のお情けです。

そんなことを想いながら峠を越えました。

夕飯
セブンイレブンの鯖の塩焼き(もらいもの)
カボチャの煮物(ユミママより)
大根のスープ

(*・ω・)b
まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます