FC2ブログ

記事一覧

11回目の虹

仕事でイレギュラーなことが起こり、いつもの手順とは違うやり方で仕事をしたせいで、普段よりも疲れました。

やっと終わらせてクタクタの体を車に乗せ、職場から門を出たところで忘れ物に気付き、引き返さすはめに。

敷地が広いので門から自分の職場まで車で5分以上かかります。
「あぁ、戻るのか、、、」

早く帰りたい、という気持ちが強すぎてドジを踏みました。

繰り返す日々にうんざりした気持ちを引きずって海岸線を走っていたら、海の果てに虹。
見たことがないほどの大きな虹でした。
しかも2つ。

雨雲の切れ間なのでしょう。
「そうね。嵐もあれば虹もあるね。」
少し励まされました。

雨だったので山はなし。
休みなので明日頑張ります。

スーパーへ買い物。
台風のせいで人はまばら。

真っ暗な中散歩へ。
人も車も全くありません。
建ち並ぶ家から漏れる灯りを見つめながら、モモと二人きり。
「日曜日。台風。一家団欒。私は疲れた。」

買った弁当を掻きこんだ後、神棚へ。

「母さん。疲れたよ。今日は月命日だね。来月は1年だって。
いつまで経ってもしんどいよ。
山、頑張ってる。もう、この先どうしたらいいのか分からないよ。
立ち止まる暇もない。苦しい。苦しいだけね。」

箱のまま置いた、伽羅の線香が強く香りました。
神棚に線香は使いませんが、母のためにくれたものなので供えてあります。

「見守るとか、ある?死んだら終わりなんでしょ?母さんそう言ったよね。
でもね、千代と二人で散歩しててほしいよ。魂はどこかにあるって思いたいよ。」

母と千代の骨壺は今も並んで神棚にあります。
二人がいた日々が恋しくて仕方ありません。
 
疲れたせいでネガティブです。
でも、虹を見たから今日は○。

おやすみなさい

(*・ω・)b
さくやさん、ゆきんこさん、まさこさん、H.Aさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます