FC2ブログ

記事一覧

6の2

6連休、2日目。

6時に起きて、ベーグルとアイスコーヒーで朝食。
ゆっくり支度をして7時に山へ。

先日購入したアルミの長椅子と畔板1枚をネコに載せて出陣。

「うわ!イノシンに荒らされてる、、、」

落ちた栗を食べたようです。
栗の木の下がぐちゃぐちゃになっていました。

四方を見渡し、イノシンがいないのを確認して栗拾い。
今年初です。
数週間だけの楽しみ。
落ちたイガ栗を割って大きな実を掴み、次は?次は?と地面を見つめて山を歩き回る。
栗拾いは愉快です。

水路整備も終わりが見えて来ました。
今日はとうとう、イノシンのワナの後ろまで回りました。
「怖っ。イノシン来ないでよ。」
と念じながら草刈り、泥上げ。

黒光りする大きなムカデ。
カニ。
コオロギ。
オニヤンマ。
黒いアゲハ蝶。
グミの木に巣を張った黄色い蜘蛛。

途中で、持参したおにぎりを食べました。
塩を効かして、中身は母の作った梅干し。
西側の崖に座り、足をブラブラ放り出してかぶり付きました。

「美味しい!」
汗をかいた後の、塩辛いおにぎりは最高でした。
ボトルに入れた冷たい水で流し込みました。

青い空、光る川、走る車、自分の家、その向こうの山。
気持ちいい。
仕事さえなければ、毎日でも通いたいくらいです。

せっかく椅子を持って行ったのですが、蜂がブンブン飛ぶので座れませんでした。
でも、荷物を置いたり、作業台にもなるので置いたままにして来ました。

帰って、神前に栗を。
「母さん。栗。あれから1年だよ。」

1年前、病室の母に栗を届けました。
栗に罪はない

嬉しそうに栗を触った母の太い指。
スクエアのダイヤモンドは、その指にまだありました。

あの夏。
「あの夏に帰りたい。」

生きていた母の、手のひらで艶々と輝いた栗。
遺影の前、レジ袋に入ったままの今年の栗。

私を怒鳴るほど元気だったのに。
年は越せると信じていたのに。

どうしても泣けてしまいます。

思っても仕方のないこと。

休憩して、母の書類の整理。
相続や手続きがダラダラと約1年間続きましたが、たぶん、全部終わりました。
関係書類を1つにまとめて、缶に入れました。

1枚1枚確認しているうちにまた涙。
「あぁ1年か。1年。あの時に戻りたい。」

バカみたいですね。

布団干し(そろそろ寒い日がやってくるはず)
テーブルクロス交換(安い物を使い捨て)
スマホのガラスフィルム交換(山で落として割りました)
仕事の書類を少し(来週の頭に提出期限)
家計簿(8月分をやっとやり終えました)

ゆっくり夕飯を作りました。
野菜炒め
マカロニサラダ
米粉パン

母が買って冷蔵庫に入れたままだった米粉パンの粉。
賞味期限は切れていましたが、未開封なので作ってみました。
、、、が、うまくできませんでした(笑)

雨が降らなければ明日も山へ行きます。

おやすみなさい

(*・ω・)b
まさこさん、H.Aさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます