fc2ブログ

記事一覧

私が、尊敬する人は、姉です。
姉は私が13歳の時に就職のため家を出ました。
私が記憶する姉はいつも勉強していました。
夕方遅くまで部活をして、帰宅したらラジオを聞きながら夜遅くまで毎晩勉強です。
勉強したのは、学校の先生になりたかったからですが、
家に大学へ行かせるお金がなくて姉はかなり悩んでいたようでした。

子供ながら、姉の夢を叶えてあげればいいのに、と思いましたが、
金銭のことに私が口を挟むことはできませんでした。
奨学金制度を利用して進学するつもりだったのに、大学入試の腕試しのつもりで受けた就職試験に受かってしまい、悩みに悩んで姉は大学進学を止めました。

それでも、姉は働きながら夢を叶える道を模索し、夜間大学に通いました。

結局、教育実習に行くことができなくて、先生にはなれませんでしたが、
大学生活はとても楽しかった、と後悔はないようです。

姉の努力、我慢強さ、尊敬します。
兄には一ミリも頼れないので、今後も姉と相談しながら母の看病をしていきたいと思っています。

母は、抜糸しました。
痛みもなくなり、今日は、掃除に料理、畑仕事にと大忙しだったようです。
ほんのちょっとしたケガで入院して帰ってきたような錯覚に陥ってしまいます。
このまま、何もなかったように過ごしてゆければいいのにな。

おやすみなさい。

押していただけると更新の励みになります
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます