FC2ブログ

記事一覧

駆け抜ける風

疲れていたようで、昨夜はクーラーも扇風機も付けたまま、寝落ちしてしまいました。

寒くて何度も目か覚めて、幾度目かで消しました。

朝起きて、なぜか涙。
この気持ちは言葉ではなかなか言い表せません。
寂しさと安堵と夏の朝日、古い天井の木目、ここに生きている不思議。

家事をした後は、ネットで調べものをして、気が付けばもう陽が傾いていました。

犬は時間が分かります。
私が帰宅し散歩へ行く時間は、いつも18時。
休みで私が家にいても18時になるとむっくり起きて来て、前足で私の腕をチョンチョン、「散歩に行こう。」と催促します。

「暑いからもう少し後ね。」

19時に散歩へ。
田んぼの中道、左に曲がった途端強い風が吹いて、50センチほどに育った緑の稲がサワサワと音をたてました。

北へ抜ける南風。
湿気はなく気持ちいい風がしばらく吹き続けました。

あぜの草を見つめていた目を思わず空に向けました。
「母さん。」と思いました。

この風を母だ、と思うほどロマンチストではないですが、でも風を受けた私は「母さん。」と思ったから、忘れないようにここに記しておきます。

こんなささいな心の動きは、3日も経てば跡形もなく消えてゆくので。

今夜はクーラーのタイマーかけて寝ます。

おやすみなさい
(^o^)v

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます