fc2ブログ

記事一覧

この道を行く

玄関を出たら小雨が降っていました。
自分に言い聞かせます。
「気を付けて運転しなくちゃ。」

5分ほど走ったら、整備された幹線道路から横に逸れて細い峠道を上ります。
雨が強くなってきました。
車検を受けたばかり、タイヤも交換したて、快調に走ってくれます。

どんどん緑が深くなる山道を右に左にうねりながら進みます。
大きくカーブした坂を下ると雨が激しくなってきました。
ワイパーの速度を早くします。
もう一度坂を下ると更に雨は強くなり、視界が悪くなってきました。
曇ったフロントガラス、エアコンを当ててクリアにします。

今度は上り坂。
少し雨が弱まりました。
肩の力が抜けるのが分かりました。アクセルを踏み込みます。

落石注意の蛇行した道に、本当に落石が。
30センチほどですが踏んだら大変です。速度を落として避けます。

緩やかに長く下りが続く山道で、雨は再び強くなりました。
大きな水溜まりに気付かず、走り抜ける時、ハンドルが取られました。
一瞬ヒヤッとしました。

右に大きく曲がると幹線道路へ出ます。
5分ほど走ると峠を抜けて、海岸線へ。

雨は小雨になっていました。
海を見ると、遠くに太陽が見えました。

「人生も同じだな。」と思いました。
うねった道。
石の転がる悪路。
上り坂。下り坂。
小雨と叩きつける雨。
その向こうにある太陽。

走らなければ、ずっと小雨の中に居れたかもしれないけれど、
走らない、という選択肢はないから。

生きていれば、必ず雨が降る。
長い雨にうんざりしても、その向こうには必ず太陽がある。
今、見えないだけ。
生きていれば、暖かくて気持ち良い風が吹く日もあるから。

帰り道。
あの落石はありませんでした。
行政がしてくれたのか、近所の人でしょうか、、、
こんな悪路でも大切に思う人がいる。
私も。
この道のおかげで10分早く職場に着くことができます。

きっと私も誰かの役に立っている、そう信じて頑張ります。

おやすみなさい

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

(^o^)v
ゆきんこさん スーパー行く度に、かつてのやり取りを思い出しますよね。本当に何てことない会話。くだらないことが楽しかったなぁ!
まさこさん カワイイお名前ですね(*^^*)双子は兄弟以上ではあります。自分の全てを犠牲には出来ませんが結構かなり相当犠牲にできます(笑)
H.Aさん おしゃべりできたら寂しくないのになぁ!風邪は悪化せずにすみそうです。食事睡眠休息大事ですね!
スポンサーサイト