fc2ブログ

記事一覧

支柱

私を支えているのは、わずか3.2キロのトイプードル、モモです。
どんなに苦しくてもモモが頑張っているから私も頑張れています。

朝、私が慌ただしく用意している間、立ったまま、ひたすら抱っこされるのを待っています。
着替えが終わって「はい、おいで!」と言うと膝の上に飛び込んできます。
時計を見て5分間だけ抱っこします。
「モモちゃん、イイ子ねー。今日も頑張ろうねー。お仕事だからね。お留守番。頑張ろうね。イイ子だからね。」
体をまんべんなく撫でてやります。

14歳にして初めて訪れた1人ぼっちがどのような気持ちなのか私には分かりません。
ただ、ごめんね、と思うだけです。

私は人間だから、どうにもならなくなったら、最後は行政が何とかしてくれます。
救急車や警察を呼んだら、とりあえずは助けに来てくれるでしょう。
少ないとは言え、楽しみもあります。
スマホをいじったり、雑誌を読んだり、美味しいお菓子も食べます。

モモには私だけです。
私が仕事に出掛けたら、帰って来るまでは寝るしかないのです。

腰が痛くて、横になって指圧器を腰に当てていたら、モモが体の上に飛び乗ってきます。
撫でてくれ、とせがむので、どんなに疲れていてもモモの気が済むまで撫でます。
夜は、モモが自分から下りるまで抱っこします。

イイ子だねーと何度も繰り返し言います。

ブログを書こう、とタブレットを持ったら、必ず邪魔をしてきます。
タブレットを置いて、また気の済むまで撫でてやります。
14歳。突然お別れが来ても仕方ない年齢になってしまったので、後悔ないように、と毎日を過ごしています。
命に関わらない限りは叱りません。
始めからそうですが、母が亡くなってからは更に甘くなってしまいました。

千代は私の犬だったので、モモ以上に可愛がっていました。
最期、抱っこして私の腕の中で逝かせてあげられなかったことが、可哀想で仕方ありません。

私の気持ちが違う方に向いていたのだと思います。
母が死んで忙しかったから仕方ない、いえ、仕方ないなんてないです。
ワンコは大丈夫だから、って母に約束したのに、わずか1ヶ月後に死なせてしまいました。
悲しみに浸って、知らず知らずのうちに千代を後回しにしてしまったのだと思います。
悔やんでも悔やみきれません。

だから、モモにはそんな思いをさせないよう、まず私が健康であること、そしてモモの体調管理。
大切に大切にして、あと5年。無理かな、、、
せめて3年、私の側で頑張ってほしいなぁ、と思っています。

おやすみなさい

更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

(^o^)v
moriさん moriさんのお母様も感謝の気持ちでいっぱいだったと思います。私たち子供の幸せだけを願っていたのでしょうね。頑張りましょうね。
H.Aさん 厳しいなぁ(笑)キャベツの千切り食べました!休みの日に買い物に行きますので、今日のところはこれで(^^ゞ
スポンサーサイト