fc2ブログ

記事一覧

ここは海の底

6時30分に起きて、居間の掃除。2階の使っていない棚を下ろしてテレビの横に置きました。
テレビをつけたら、電源が入らなくて馴染みの電気屋さんに電話しました。
「お母さん、どう?」
「亡くなったんですよ。」
「ウソでしょう。」
「10月に。」
母と長い付き合いのご主人がすぐに来てくれました。
手を合わせて「寂しくなったね。」と。

「いつ来てもいないから、入院してるんだとばっかり思っていたよ。」
「10月に入って急に悪くなってしまって。」
「家の相続はどうなった?大変だって言ってたから。」
「無事、できたんですよ。最後、書類見ることができました。」

夏に頼んだ草刈り代を支払っていなかったので、お支払いしました。
電気屋さんですが、便利屋さんみたいな感じで母は何でもお願いしていました。

宅配便が届きました。台所用品です。
だいぶ使いやすくなりました。
来年は料理も頑張ろう。

神棚を掃除して榊を供えました。

桃を連れて墓参りへ。
歩いて5分くらいのところにあるのに、母が亡くなってから1度も参っていませんでした。
「父さん、遅くなってごめん。そっちに母さん行ったでしょう?仲良くしてね。ケンカはほどほどにね。千代も行ったでしょ。みんなで散歩して。私はもう少しここで頑張るから。」

千代は墓が大好きで私がお参りしている間、一人で楽しそうに遊んでいましたが、桃はキュンキュン鳴いて帰る、帰る、と言います。
「仕方ないなぁ。帰ろうか。父さん、今度はすぐ来るからね。」

書類の整理。
明日、最後の相続の話をしないといけません。
うまくまとまりますように。

また宅配便。カニが届きました。明日のために注文しました。
みんな喜んでくれるといいな。

スーパーに鍋用の食材を買いに行ったら、母の友人に出会いました。
「私も寂しい正月だから。頑張ろうね。」と慰められました。

年越しは、近所の神社に母と行くのが毎年の恒例でした。
ぜんざいが振る舞われるのが二人のお楽しみでした。
帰りにセブンイレブンで何か買ったりして。
ささやかな、本当にささやかな。
今年は一人でゆく年くる年を見ています。
来年は桃と二人で神社へ行きたいな。そんな気持ちになれますように。

今年は、祖母、母、千代を亡くしました。
苦しい苦しい1年でした。
まるで海の底で溺れているような感覚でした。
でも、6月に母のガンが分かった時、今年は頑張る、と決めたので今日まで走りきりました。
もっともっと長く強く頑張りたかった。
後悔だけが鮮やかに心にあるばかりで、全ての記憶はグレー色です。
来年は少しスローダウンしたいかな。疲れてしまった。

新しい年、多くは望みません。
桃が元気で、私が健康に働けたら、それだけでいいです。
それが出来たら、今年よりずっといい年になります。
それだけって、それが一番大切なことですよね?
健康と毎日働くこと。ありふれた日常を大切に。涙は少しだけにして。

半年間、読んで頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

おやすみなさい

押してもらえると更新の励みになります。
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト