fc2ブログ

記事一覧

置いてきぼり

休みでした。

寝落ちしてしまって、目が覚めると4時。

やってしまった~と思いながら二度寝。

6時起床。

モモ、起きていました。

朝ごはんは、砂肝チップス、アイスクリーム。

家事をした後、ダラダラ。

山はおさぼり。

昼ごはんは、コロッケ。

少しだけ昼寝をしてしまいました。

何にもない1日。

重ねた毛布の上で気持ち良さそうに伸びをするモモ。

どんな夢を見ているのかい?

モモが、この家に来た頃、
まだ父さんがいて、
姪も甥もいて、
タロウと、メイと、リョウと、チヨと。
母さんのワガママで、
これ以上飼えないのに。

みんなみんな、いなくなってしまった。

この寂しさ。
不安。
寄る辺なさ。
悲しみ。

モモ。

2人だけになっちゃうなんて、想像もしなかったね。

モモも、鹿子をおいていっちゃうんでしょう?

何がいけなかったのかな?

どこかで、何かを違えていたら、
父さんも母さんも、まだ生きていたのかな?

何をどうしても、
やっぱり、2人きりの運命だったのかな?

約束したのに。

モモは最後まで絶対面倒みるって、
あの時、言ったのに。

知らないからねって、強く言った、
不機嫌な私の横で、
嬉しそうにモモを抱いて助手席。

あれから18年。

責める私に、
「ゴメンね、本当に。」
悲しい瞳を落としたベッドの上。

もう5年。

父が居たこの部屋の天井を見つめると、
まだ涙が出てしまう私は、
どうやって生きてゆけば分からぬまま、
モモを支えるだけの人生。

砂の一粒。

たった一粒。

風に吹かれて。

なぜか悲しい夜です。

では。

(・ω・)
まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます