fc2ブログ

記事一覧

ど田舎事情

仕事でした。

中途覚醒7回。

モモ、起きてました。

朝ごはんは、豚肉。

良く出来ました、○。

雨。

もぉ!
また雑草伸びるじゃん(T_T)

仕事は忙しい1日。

バタバタ。

15時頃に電池切れてヘトヘトなのに、突発の仕事(*_*)
もう、しんどいよ、、、

大急ぎでやって、やれやれ。

モモカメラチェック。

布団の上をウロウロ。

ヨシヨシ、生きてる。

帰ると、気持ち良さそうに眠っているモモ。

イイね、イイね!
このまま、平常運転してね。

ムックリ起きたモモに投薬して、
ウロウロしてるモモの鼻先で、砂壁部屋の戸を閉めてお出掛け。

ゴメンね、太陽との戦いだからね。

山へ。

水路と落ち葉。

近所の福島さんと立ち話。

「鹿子さんのとこ、今度草刈りしときますよ。」
「そんな、申し訳ないんで、大丈夫です。」

「いやいや、イノシシのワナ置かせてもらってるんで。」
「そんなの関係ないです。迷惑じゃないし、地域のためなんで。」

「でも、やっとくよ。」
「スミマセン。」

今年は、雨降りと快晴の繰り返し、
雑草の生育が良すぎて、ボーボーなんです。

でも、私の体力では、山の広い面積の草刈りは無理で、
シルバー人材さんも、真夏の草刈りは請け負ってくれないので、
涼しくなるまで放置するつもりでいたのですが、
雑草が伸びすぎると、イノシシが潜んだりして、危険なので、
私が刈りましょう、ということなんだと思います。

申し訳ない。
ありがとうございます。

これは、私が大変そうだから、というだけではなくて、
以前、福島さんが言っていたのですが、
「鹿男さんには、本当にお世話になったんで、今度は僕の番です。」

この、鹿男さん、は父のことです。

父は福島さんより20歳ぐらい年上。

福島さんが子供の時から、
父は、山のこと、近所のこと、地域のこと、
困っていれば何でもやっていたので、
仕事勤めを引退した今、今度は、と、墓場、山、自治会、
福島さんは、様々な雑用を引き受けてくれています。

もちろん、それは父だけでなく、
亡くなっていった、地主さんとか、他のたくさんの人も、です。

これは、田舎の感覚なんですが、
そこに生まれて、そこで育って、ずっとそこに住み続けている人間には、
その土地に対して責任がある、とどこか思っているところがあります。

例えば、父や地主さんは、
生まれた時からずっと、この地を一歩も出ずに死ぬまで過ごしました。

近所の松田さんは、山のふもとに住んで、
福島さんのお隣さんなのですが、
松田さんは、ここで生まれたわけではなく、
家を建てる時に、ここへ引っ越して来た人なので、
福島さんのようには、地域のことをしません。

松田さんも、頼まれればやるのですが、
あくまで、お手伝い、というスタンス。

率先してやってきたのは、
父、地主さん、そして今は福島さん。

たぶん、その次は私かな、、、

もう、代々ここに生まれてここに住み続けている人間は、
私か、福島さんのとこの子供だけ。

地主さんの息子はすでに東京住みだし、
あそこもここも嫁に行ってしまった、
都会に出てしまった。

私も、仕事を退職したら、
地域のためになんだかんだして、死んでいくんだろうと思います。

それでいい、
それが私の人生なんだ、と思ってます。

私の次、がいないのが申し訳ないですが、
それは、許してもらうしかありません。

お願いします、と挨拶して、
スーパー寄って帰宅。

モモの夕飯は、砂肝チップス。

明日は休みです。

ゆっくりします。

(・ω・)
まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます