fc2ブログ

記事一覧

また来年

休みでした。
洗濯三回、押し入れの整理、冷蔵庫の掃除。
扇風機をやっと片付けました。
9月頭からバタバタとしていたのでそのままでした。

10月、突然冷え込んできて、朝病院に向かう時に寒くて着る服がありませんでした。
タンスを開けてとりあえず目に入ったグレーのジャケットを着ました。
厚めのフェルト生地で腕の部分はニットでできている少し変わったデザインです。

病室に行くと母が、「うわぁ、その服ステキね!いいわぁ。」とフェルトを触りながら言いました。
「そう?だいぶ前のよ。」
たぶん、10年以上前に買ったものですが、グレーが似合わなくてほとんど着ていませんでした。

次の日も寒くてそのジャケットを着て行きました。
また、まるで初めて見たように言うのです。
「それステキねー!いいわぁ!」
「昨日も言ってたよ(笑)」
「だって本当にステキなんだから。」

次の日もやっぱり同じように服をほめてくれました。
麻薬で記憶力がなくなっているのに気付きました。
それからほぼ毎日そのジャケットを着て行きました。
母の笑顔が見たくて。

悪化してゆく中、母はジャケットを見ても褒めてくれなくなりました。
棺に入れようかと思いましたが、来年の10月にまた着よう、と決めてタンスに仕舞いました。

母の手書きの「365日の紙飛行機」の詞を去年のスケジュール帳の中に見つけました。
広告の裏に書いていたものをキレイな紙に清書してありました。
母の写真の前に置きました。

人生は紙飛行機 その距離を競うよりどう飛んだかどこを飛んだのか

まだガンだと分かる前でしたが、この歌に励まされていたのでしょう。
今は私がいつも心の中で歌っています。
歌と母に励まされています。
皆さんのコメントにも。ありがとうございます。

おやすみなさい

(^o^)v

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト