fc2ブログ

記事一覧

12月が来るよ

夕べ、久しぶりに彼と電話で話しました。
Do I need to take care of you?
直訳すると、君の面倒をみる必要がある?
ですね。
もちろん、と答えました。
助けが必要だ、仕事草刈り犬買い物手続き弔問片付け、1人でできない、と。

以前書きましたが、元々12月に来る予定だったので、それに向けての確認です。

12月に来るのがウソになってはいけないので、母にはその時には言いませんでしたが、病状が悪くなるにつれ、どうしても喜ばせてあげたくて、結局は毎日のように言いました。
「11月は姉の誕生日だよ。12月は彼が来るよ。そうしたらもうお正月だよ。高級おせちを食べようね。」
「彼が来るの?嬉しいな。会いたいなぁ。頑張る。」
誕生日も正月もおせちも反応しないのに、彼が来ることだけに喜びを表しました。
「来るよ。しんどいだろうけど、頑張ろうね。会えるからね。」
「しんどいのなんていいの。寝てればいいんだから。会えるならなんでもいい。」

たった2週間の滞在で、言葉も通じないのに、母は彼を大好きになりました。
母の作ったものを何でも美味しい、と言って食べました。
車のドアをいつも開けました。
荷物を持ちました。
裏庭の草を刈りました。
でも、それは全てアメリカ人の彼には当たり前のことです。

3人で買い物に行った時、母がオーブントースターとケーキを買いました。
彼が持ちました。
「こんなに男の人に優しくされたことないからどうしたらいいんだろう。」
「荷物持つくらい当たり前よ。どんな人生送ってきたのよ(笑)」
「いや、本当よ。」と嬉しそうに笑いました。

長くないと分かった時、彼に来てもらうか迷いましたが、結局は頼みませんでした。
悪化のスピードが早く、とても母の意識があるうちに彼の仕事の調整ができない、と分かったからです。
8月に長期の休暇を取ったばかり、12月の来日のために仕事を片付けている最中で無理でした。

私があの時こうしていれば12月は生きていた。
あの時こうしていなければこんなに早く逝くことはなかった。

そんなことばかり考えてしまいます。
意味のないこと。

夕飯
シャウエッセン
目玉焼き2つ
キャベツ千切り
コンソメスープ

ショボすぎる内容ですが、記録です。
仕事が忙しくて腰が痛いです。
ガンだと分かってから、私が腰が痛い、と言うと「病院行って!調べて!」と母はいつも言っていました。
確かに、私はこれからすい臓がんのリスクを考える必要があります。
血糖値には要注意です。

桃は元気に散歩に行きました。真っ暗でゴメンね。彼が来たら明るいうちに連れて行ってもらえるよ。
千代は今日も散歩に行かず。寒いと咳が止まらなくなります。明日は休みだから、昼間の暖かいうちに連れて行くね。

おやすみなさい

(^o^)v←コメントありがとうのマーク

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト