fc2ブログ

記事一覧

大好きな君に

深夜1時に姪(母の孫)からライン。
ババの好きだった曲を聴かせてあげたら?と勧められて、ネットで探しました。

365日の紙飛行機(AKB)
朝ドラの主題歌で、聴きながら歌詞を紙に書くほど好きでした。
やさしくなりたい(斉藤和義)
ドラマの主題歌でした。
終わりはじまり(かりゆし58)
何かの番組で紹介されて、とてもいい曲、と言っていたそうです。

一番小さな音にして耳元でかけました。

2時に仮眠。
3時に手を握りました。少し体温は低かったけど、母の温もりがありました。

5時30分に、看護士さんから声をかけられました。
「お母様の心拍が下がっています。連絡したいところには電話をして下さい。」
姉と兄に電話。

手を握りながら母にありがとうを。
「今までありがとう。辛かったね。よく頑張ったね。またお話しようね。ワンコは大丈夫だから安心して。ありがとう。」

主治医が到着。臨終を確認。

姉が到着。

一時間ほどお別れの時間がいただけたので、母の体をずっと触っていました。
体をキレイにします、と言われて退室。
葬儀社に連絡。

30分後、母は薄く化粧をしてもらって、病気前の顔のようでした。
その顔が嬉しくて悲しくて、涙が止まらなくなりました。
8時に葬儀社が迎えに来るので荷物を急いで片付けていたら、看護士長さんが挨拶に来られました。
「ありがとうございました。こんなにキレイに支度してもらってありがとうございます。」
「娘さん、よく頑張られましたね。」

地下に下りると葬儀社の方が迎えに来ていました。
車に乗せてもらって葬儀社で安置。

葬儀はするな、と言われていましたが、「それでは別れのケジメがつかないから、自分たちのためにお別れの会はする。」と言ってなんとか納得してもらっていました。
田舎ですから、遺体を自宅に連れて帰ると近所の人が必ず来てしまうので、姉と相談してホールに安置することにしました。

昼の12時、兄家族が到着。
12時30分、お別れの会をするホールへ移動。
打ち合わせ。明日は友引なので葬儀は水曜日になります。

一度帰宅してワンコの散歩。
ホールに戻って姉と打ち合わせ。明日は子供を学校に行かせなければいけないので、姉は帰宅。

今、一人で母の棺の前に座ってこのブログを書いています。
何度も母の顔を見てしまいます。
穏やかな顔をしています。
遺影は、みんなが「いい顔だね。」とほめてくれます。私もそう思います。

4ヶ月、駆け抜けました。
こんなにも早いとは。
何にもしてあげられなくてごめんね。優しくできなくてごめん。
涼しくなったら近場でいいから旅行に行くつもりだったんだよ。
心配ばかりかけたね。

大好きな君に、ありがとうを。
本当にありがとう。

おやすみなさい

押していただけると更新の励みになります
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト