fc2ブログ

記事一覧

苦情を機関銃のように言う嫌な女

朝、10時に病院から電話。
消化器内科に11時に移動する、とのこと。
実は緊急入院時、ベッドが空いていなかったので、産婦人科に入れられました。
産婦人科、、、え?とは思いましたが、仕方ないですし、看護をちゃんとやってもらえればどの科でも構わなかったのですが、
色々あって、消化器内科へ移動したい、と思っていました。。

一日目 14時に張り替えなければならないベースの痛み止めを張り替え忘れられた。18時に来て、「忙しかったから忘れてた(笑)」と言われた。
二日目 夕飯ですよ、と膳を持って来たが、「あ、血糖値測るの忘れてた。」と言われた。
三日目 特になし
四日目 レスキューが欲しい、とナースステーションに行ったら返事してもらえなかった。そして、10分待たされた。トイレに自力で行けない母の介助を頼んだら「え?1人で行けないんですか?」と言われた。実は高熱が出ていて1人で行けるはずがなかったのだか、発熱があることは私は翌日まで知らされなかった。「今日は熱があるんですよ。」となぜ私に一言教えてくれなかったのか。母はすでに意識がもうろうとしていたので、自分が発熱していることさえ把握できない状態だった。トイレへの対応がひどかったので消化器内科に苦情を孫と一緒に言いに行って、看護士さんを困らせた。
五日目 外出届けの紙を書いていない、と姉が叱られた。迎えに来る時間を聞いていない、と叱られた。介護タクシーを呼ぼうとしたら叱られた。夕方、私の所に来た看護士に、「外出する時間をちゃんと事前に言ってもらわないと困ります。」と言われたので私のスイッチが入った。「ちゃんと電話しましたよ。できるだけ早くと言われたので翌日電話しました。始め土曜日の予定を日曜日に変更してもらって、その時に迎えの時間を聞かれたので10時から11時の間って確かに答えました。外出届けの紙が出てないって姉が叱られたそうですけど、どうして私に渡さなかったんですか?私は、外出願いを申し出てから二日間、病院に来ましたよ。看護士さんとも何度もお会いしましたよ。どうしてその時に渡さないんですか?渡されなければ私は分かりません。渡されればその場で書きます。迎えの時間の伝達が出来てなかったとしても、見舞いにきている私に聞けば良かったんじゃないですか?外出の前日に二時間ベッドの横にいましたよ。母にも迎えは何時か、何時かってしつこく聞きましたよね?あの今の母にそれが答えられると思いますか?誰が見舞いに来たのかも分からないほどなんですよ。数字は無理ですよ。末期の患者を問い詰めるくらいなら私に電話一本くれれば済む話です。○○さん(緩和ケア専門の看護士さん)と私の面談をセッティングして下さい。」

それが日曜日の19時。今日の10時に病室移動の電話。
「大変申し訳ありませんでした。」と言われました。
実は○○さんへ病室移動を直接頼むといいよ、とアドバイスくれたのは外科の友人です。私には分かりませんが、〇〇さんの力が強いのでしょう。母への対応は、とても終末期医療とは思えないものなので、〇〇さんから看護士へ苦情が入るのを恐れた産婦人科が早急に病室移動を手配したのでしょう。

消化器内科の看護士さんから母に「色々あったみたいで、、、申し訳ありません。」と謝罪があったそうです。
あの産婦人科看護士たちのいい加減な仕事、責任転嫁、経験のなさ、対応力の低さ。
いやいややっているのが分かりました。
強い麻薬を使っています。病状がものすごいスピードで悪くなっています。一度の転倒が命取りになります。かなり強く言いましたが、なりふりは構っていられません。私がひどい人間と思われてもいいので、苦情を言いました。

消化器内科の担当看護士さん、父の時に担当してくれた方でした。不思議な縁です。

今日は仕事が抜けられなかったので、定時まで仕事をしました。

帰りに母が昨日食べたい、と言ったうどんをテイクアウトして持って行きました。
二センチに刻んだうどんを3つ、美味しい、と言って食べてくれました。

また明日。

押していただけると更新の励みになります
にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト