fc2ブログ

記事一覧

会えない

仕事でした。

中途覚醒4回。

仕事はスロー。

特筆することなし。

仕事終わりの休憩室。

親を失ったことのない同僚の、心ない言葉。

「家なんて売ってしまえばいいのに。」
「売れないよ。ボロいもん。」

「土地は売れるでしょ。」
「そのためには、まず家にある大量の物を処分しなきゃ、、、」

「全部捨てればいいのよ。」
「捨てれない物もあるのよ、、、」

「私はね、もう決めてるの。親が死んだら全部捨てるって。」
「私もそのつもりだったけど、、、」

私の気持ちを理解できないのは分かります。
経験したことがないのですから。
でも、分からないとしても、
「そうか、色々あるんだな。」
程度でいいから察してほしい、と思うのはワガママでしょうか。

山茶花の木の下で、
母を思いながら、冬に汗を流しツタを引き抜く、
そのやるせなさ、彼女には決して分からないことでしょう。

「母さんがいてくれたら。苦しい。」

邪魔だと思いながらも、白いカブを処分出来ない、
と聞いたなら、バカね、とせせら笑うのでしょう。

もう、骨になってしまった母の元気だった姿、
その面影を3年経った今も、追いかけてしまう、
そんなこと、自分自身、想像もしていなかったのだから。

会いたいなぁ。
会いたいよ。

もう一度。
もう一度だけでいいから会いたい。

「死んだんだから仕方ない。さっ自分の人生!」

そんな風に割りきれたなら。

モモでさえ、もう母を追いはしないのだから。

寒い夜。

早く寝ます。

(*・ω・)b
猫美さん、ポメさん、まさこさん

更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます