fc2ブログ

記事一覧

白と青

仕事でした。中途覚醒6回。朝、玄関を開けたら真っ白。雪が積もっていました。車のガラスにお湯をかけるも、ペットボトル1本では足らず、もう一度、お湯を取りに行く羽目に。しかし、2本目でも溶けきらず、再び家の中へ。3本目でようやく溶けてくれました。峠は、氷でバリバリ。スノータイヤじゃなかったら、越えられなかったと思います。海岸線に着いたら、大渋滞。電光掲示板には『積雪のため高速道路通行止め』の表示。対向...

続きを読む

大根どきの医者いらず

休みでした。中途覚醒1回。寒い朝。オシッコをした後、私を起こしに来たモモを、もう一度布団に引き込んで、モモの顔に私の顔をくっつけて抱っこしました。しばらくすると、モモの寝息が聞こえてきました。「あぁ、幸せな休日の朝だ。」7時になったところで、惰眠終了。裏庭に雪が積もっていました。今日は、野良はしないと決めて、ダラダラ。もらった大根を煮込んで、冷凍してあった鶏肉を適当にぶち込んでみました(^^;鶏肉半分...

続きを読む

今日も仕事ネタ

仕事でした。中途覚醒3回。珍しくアラームに気づきませんでした。10分遅く起床。私が起きても、なぜか起きないモモ。布団剥いでもぐっすり寝たまま。どうしても薬を飲ませないといけないので、抱き起こしました。さて、職場。意地悪子から。「今、ディレクターに呼ばれた。」「何て?」「意地悪子の彼氏のことだけどって。」「そうなんだ。」「何で私が彼と付き合ってると思うのかって聞いた。」「マネージャーが言ったんじゃな...

続きを読む

山と昼寝

休みでした。中途覚醒2回。昨夜、アイリーンちゃんから電話。「意地悪子、とうとうやったよ。」「ほんとに?」「やるとこマネージャーに見られた。」「クビ?」「火曜日に、ディレクターが呼び出して話すって。」「あらら。」我が社の規約を違反した意地悪子。それを絶対するはず、とワナを張られていて、まんまとそれに引っ掛かってしまいました。それをやったら1発クビ、と私達はきつく言われているのですが、さぁ、どうなるや...

続きを読む

情報戦

仕事でした。中途覚醒3回。日曜日なのに、マネージャー出勤。意地悪子から。「ねぇ、何でマネージャーいるの?」「知らないよー。たまに日曜日でも来る時あるし。」「絶対、私のこと見張ってる!」「そんなことないよー。」昼休みに、ランチに出掛けようと、事務所の前を通ったら、ディレクターがいました。アイリーンから。「鹿ちゃん、ディレクター見た?」「うん。」「意地悪子のことで来たんだよ。」「マジで?」「私、昨日の...

続きを読む

特性

仕事でした。中途覚醒6回。チェリーが病欠で、忙しい1日でした。アイリーンから。「ルースが、違う部署の異動試験受けたよ。たぶん受かると思う。」「そうか、、、人が減る、、、」「すごいイイ部署だよ。」「私も異動したい、、、」「鹿ちゃんはダメ!」「なんで?」「仲間だから。」「えー、、、(*_*)」外資系なので、自ら試験をどんどん受けて、異動してゆくのを奨励する社風です。私もそうすればいいのですが、英語力が足り...

続きを読む

賭けに負ける

休みでした。中途覚醒3回。さて、彼からの連絡は再び途絶えたままです。2月17日に、日本入国の期限を迎えること、彼が全く準備をしていないこと、来る気がないらしいこと。私は、期限が迫ることに対しては、焦っていませんでした。実は、コロナの影響で、入国期限が延ばされているからです。このことは、私が日本の入国管理局から書類を受け取った時から分かっていることでした。ただ、私はそのことを彼にはあえて伝えませんで...

続きを読む

サヨナラの前に

仕事でした。中途覚醒5回。仕事の前のミーティング。セカンドマネージャーから。「皆さん、お世話になりました。明日で異動になります。明日会えない人もいるので、挨拶しておきます。」「後任の人は決まっていますか?」「いいえ。アメリカ人の人がなるという話があったのですが、話が立ち消えてしまいました。もしかしたら、皆さんの中から選ぶことになるかもしれません。」「分かりました。」ミーティングの後、アイリーンちゃ...

続きを読む

諦める

仕事でした。中途覚醒8回。考え事があって、8回なんて過去最低の結果に。考え事は、、、彼のことです。ビザを取得して、日本へ入国する期限が来週やってきます。ここ2週間ほど、全く連絡がなく、私も連絡をしていませんでした。手術だなんだと言っていましたが、最初はそれを信じたけれど、手術が延び延びになり、連絡が途絶えた頃から、「あ、来ないつもりなんだな、、、」と、悟りました。あり得ないことですが、約束を何度も...

続きを読む

peaceful

休みでした。中途覚醒5回。6時起床。モモに起こされました。寒い朝。でも、あの刺すような痛いほどの寒さとは違います。春はもうすぐ。一緒に洗濯物を干して、モモを砂壁部屋に残して、私はゴミ捨て。ネコに二袋。帰って、モモの側に座ったら、私のお腹の上へ、すぐさま移動。寛ぐモモ。私は、せっせっと撫で撫で。休みの日の定番です。あぁ、ささやかな幸せ。「モモちゃん、お休みなの分かるんね。賢いね。」だんだん体の力が抜...

続きを読む

プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます