FC2ブログ

記事一覧

おでんLove

昨夜、寝る前に、母の遺影の前へ行きました。ただ少し顔を見るだけのつもりだったのに、涙がドバッと溢れて、声を出して泣きました。ワンワン泣く一方で、そんな自分を俯瞰で見つめる私がいました。「よく泣くね。それは何の涙?やっぱりストレスたまってるのかな。あーまた明日目が腫れるのに。いい加減にした方がいいよ。」モモがそっと寄り添ってきたので、抱き上げました。「母さん、モモ散髪したよ。かわいいね。」神棚に広げ...

続きを読む

あと2回

疲れました。鬼は休みでしたが、悪魔の機嫌が悪く、当たり散らされました。ぐったり。モモと散歩に行って、深呼吸をたくさんしました。少し気分が落ち着きました。モモさえ元気なら、それでいい。今日は月命日。10回目。まだたったの10回。もう、何十回も繰り返した気がするのに、たった10回。長い。長すぎる。歩けども歩けども先は見えず、引き返すことも叶わず、泣いても叫んでも、この道を行くしかない。母さん。頑張ってるんだ...

続きを読む

山女

6時に起床。6時半に山へ。ネコに120センチの畔板を10枚、草刈機を2台載せたのですが、重い、、、平地はいいのですが、山への緩やかな傾斜でさえ、腕がプルプル震えました。誰もいない山の真ん中で持ちこたえられずに、二回こけました。なんで?なんでなん、、、父さん、母さん、もうイヤだ。こけたネコを起こしながら、先日、甥が来た時の会話がよみがえりました。「もし、私が旅行に行くことになったら、1週間くらい留守番し...

続きを読む

お寝坊さん日記

昨夜は早くにブログを書き終えました。投稿予約をした後、意識飛んで寝落ち。たぶん、21時頃には寝てしまったと思います。3時に寒くて目が覚めて、エアコンを消してまた眠りました。5時半に寒くて再び目が覚めて、布団を被って「あと30分だけ寝よう。」と二度寝したのがいけませんでした。起きたら7時半。「しまったー!山に行けない!」すでに太陽がサンサンと照りつけていました。しかも、今日はモモのトリミングの日。8時半ま...

続きを読む

no need music

今日は、とっても忙しくてクタクタになりました。自分はそうでもなかったのですが、他の人の仕事を手伝うハメになり、なぜだか私が一番疲れているという、、、(*_*)母に愚痴ったら「私と鹿子はそういう運命。諦めなさい(笑)」と言ったと思います。17時ギリギリまで働き「はぁ、今から運転か、、、」鬱になりつつ、ひた走りました。いまだに音楽をかけて走ることはできていません。心にそういう余裕がないというか、こんなのキレイ...

続きを読む

夢の国なんて行ったことない

忙しい日曜日が終わりました。姉は家族でディズニーランドに行っています。楽しそうな家族写真が送られてきました。「私は仕事と草刈りの日々です。みんな浮かれていて腹が立ちます(笑)」と返信しました。私も行きたい、と言えば一緒に行けるでしょうが、私にその気がありません。仕事も草刈りも休むことができません。何よりモモがいますからね。本当は、仕事は休めます。職場で残りの有休が毎月貼り出されるのですが、私はブッチ...

続きを読む

大根と玉子は必須でしょ

忙しい土曜日でしたが、悪魔と鬼が休みで気持ちが楽でした。常に見張られている感覚があって疲れるのです。コーヒー牛乳が買いたくて、帰りにローソンに寄りました。おでん70円セールをやっていて、我慢できずに買いました。ここのローソンは鍋にフタ付、更に自分で入れる方式、ゆっくり選べるのが好きです。セブンイレブン、ローソン、ファミマ。3つをハシゴして、帰省した姪と母と3人で食べ比べしたことを思い出しました。母は...

続きを読む

How come

休みでした。目覚めたら7時10分。寝過ごした!しかも、何だか体が重いし、暑いし、家から出たくないって思ったけど、どうしても水路が気になって、急いで支度をして山へ。水路を見るためには、草刈りをしなければ足を踏み込めないほどの雑草が。水路に沿って刈りました。太陽はすでに高くなりつつありましたが、木と崖が陰を作ってくれて助かりました。しばらく手入れをしていなかった水路には枯れ葉や土が積もって流れが悪くなっ...

続きを読む

低すぎるハードル

今日は、悪魔と鬼が揃っていたので、疲れました。早くここを辞める計画を立ててウキウキしたいのに、私の婚約者?から音沙汰なし。全く当てになりません!soon、と言ってアメリカに帰ってから、既に6年以上が経っています。その前の彼氏は10数年付き合って破局。その前の人はトータル5年くらい。どうも私は結婚に縁がないようです。そういう人も世の中にはいます。「なんかよく分からないけど、いつの間にか結婚してた。」なんて...

続きを読む

三角のたまご色

仕事の帰り、用事があってセブンイレブンに寄りました。店内を一周回って、サンドイッチ売り場の前へ。母はセブンイレブンの玉子サンドイッチが大好きでした。私も好物です。私がセブンに行った時は母に、母がセブンに行った時は私に、互いに玉子サンドを買って帰るのが暗黙の了解でした。「玉サンお土産だよー。」「やったね!明日の朝ごはんにしよう。」たまに玉子サンドが売り切れていて、違うサンドイッチを買って渡したら、「...

続きを読む