FC2ブログ

記事一覧

曇天

休みでした。トイレに行きたくて5時半に目が覚めました。そのまま起きて、支度をして6時過ぎに山へ。どうしても気になっていたので、曇り空を利用して行くことにしました。草刈り、シルバー人材センターに頼んだのですが、涼しくなるまでは出来ない、と断られました。「あぁ、、、うちだけすごい、、、」上へと真っ直ぐのびる細い山道にアスファルトが敷いてあるのですが、畑から侵食した雑草が、そのアスファルトを覆っていまし...

続きを読む

迷走

幸せも不幸せも、人と比べるものではありません。幸、不幸、生き方は自分が決めるもの。それに異論はありません。でも、誰かと比較するからこそ、自分の立ち位置が分かるのではないでしょうか。今が戦時中ならば、食べる物が充分にあり、犬を飼って、健康な体で仕事をして給料をもらって生活している。こんな幸せなことはないでしょう。でも、今は戦時中ではありません。家族連れを見て「羨ましい。私にはいない。」と思う。同僚の...

続きを読む

玉響

地元で1年に1度の祭りが行われました。20時45分に、ドーンドーンと花火が打ち上がりました。町おこしで始まったこの夏祭り。1年目から欠かさず行っていました。友人と。彼氏と。姪と甥の手を引いて。仕事で駆り出される年も。出店の店番をしたこともありました。まばらだった人の数も、ここ数年、住む人よりもたくさん集まるように。人の多さに辟易して、最近は行かなくなってしまいました。最後の花火だけ、2階の窓から見ます...

続きを読む

穂波

散歩へ。田んぼの稲は緑から黄緑に変わり、稲穂は黄に色付きました。風が吹き抜けます。揺れる稲がさわさわと音を立てる、その様はまさに波のよう。山に目を向ければ、深い緑が、ほんの少しだけ浅くなっています。草木はすでに秋へと準備を始めています。なんとか夏を越えられそうです。母の闘病は4ヶ月。家で過ごせたのは真夏の7月8月。何を見ても昨夏の母が重なります。この稲穂を見て、母は何を思ったのだろうか。スーパーへ...

続きを読む

真夏に春の夢

休みでした。姉が来る予定でしたので、家の片付けと掃除。ホームセンターに買い物へ、帰りにスーパーで榊を購入。ファミマで宅配便の受け取り。ネット通販ばかりの私にとって、コンビニで受け取れるのはとても便利です。帰宅して、昼御飯の準備。かに飯の素で炊き込みご飯、厚焼き玉子、鶏肉の唐揚げ。12時に到着。3番目と4番目の子供が一緒に来ました。みんなでおしゃべりしながら昼食。甲子園の済美対星稜を見ました。とてもい...

続きを読む

プロフィール

鹿子

Author:鹿子
母の闘病を綴ります。すい臓がんステージ4b。糖尿病併発。ジェムザール単剤での治療選択。

Chiyo

ランキング参加してます